ASPとは

ASP(エーエスピー)とは

ASP(エーエスピー)とは、「Application Service Provider(アプリケーション サービス)」の略。ネットショップやスケジュール管理、グループウェア、Webメール、会計など、おもにブラウザ上から利用できるアプリケーション(仕組み)を提供している事業者のこと。

インターネットにアクセスできる環境があれば、どこからでも利用できるのが特徴。便利である反面、ASP事業者のサーバーに障害が発生した場合などは、一時的に利用不能となる。またデータを社外に持つため、セキュリティ面などを考慮に入れて選ぶ必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

リニューアル!

サイトのデザインをリニューアルしました。さらに内容の充実をはかりたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ●サブスクリプション方式とは ソフトウェアの利用形態の一つで、ソフトウェア自体を購入して使うの…
  2. ●ベドウィン・モバイラーとは ベドゥインモバイラーとは、ノートパソコンなどのIT機器を携帯し、…
  3. Facebook広告を出稿する際、広告の種類によって推奨のサイズが微妙に違ってきます。特に厳密に同じ…

おすすめ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る