新潟のパン屋さんが、Facebook×プレスリリースで売り上げを3倍にした事例

新潟にあるパン屋さんの販促事例が掲載されています。常時100種類以上のパンを用意しており、20名以上のスタッフがいるということですから、パン屋さんにしては比較的大きい規模かもしれません。

広告コスト0円で売上300%UP!? Facebookとプレスリリースで驚きの成果を上げたパン屋の施策とは?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/05/20/17463

予算があまり確保できないという意味では、大きくても小さくても同じですよね。ぜひ参考にしてみてください。

1.Facebookの運営について

まずは、スタッフとともに役割とルール決めを行ったそうです。(役割はマインドのシェア、スタッフへの親近感、付加価値を見える化等)日常業務に支障をきたさないようスタッフができることを継続するというのも大事ですね。

2.プレスリリース

これ、やっているところが少なくてもったいないなと思うことが多いのですが、やはりマスコミの力は大きいです。一気に認知も広がるため、何かキャンペーンをおこなう場合や新商品を出したときには、ぜひプレスリリースも忘れずに!実質的な費用もFAX代、紙代程度ですよね。(もちろんプレスリリースの中身を考えるという業務はありますが)

このとき大切なのは、「受け皿となるウェブサイトを整備しておく」ということ。ここをきっちり行っていれば、販促に繋がります。マスメディアに限らず、広告を出稿しても上手くいかないのは、この「受け皿」と「導線」の施策がうまくいっていないケースが多いのです。

3.メルマガ

これも費用対効果の高い施策の一つ。弊社のお客様でメルマガをやっているところは、皆さん販売促進に結び付いています。(特にネットショップ)郵送とは比べものにならないぐらい低コストでできますので、大げさに構えず、気軽に取り組んでもらいたいツールです。このとき「値引き」するのではなく「プレミア感を出す」ことがコツ・・・大事ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

リニューアル!

サイトのデザインをリニューアルしました。さらに内容の充実をはかりたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ●サブスクリプション方式とは ソフトウェアの利用形態の一つで、ソフトウェア自体を購入して使うの…
  2. ●ベドウィン・モバイラーとは ベドゥインモバイラーとは、ノートパソコンなどのIT機器を携帯し、…
  3. Facebook広告を出稿する際、広告の種類によって推奨のサイズが微妙に違ってきます。特に厳密に同じ…

おすすめ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る