リテラシーとは

リテラシーとは、もともとは「書き言葉を、作法にかなったやり方で読んだり書いたりできる能力」のことを指しますが、現在では「ある分野での情報や知識の活用能力」という意味で使われることが多いです。

「ITリテラシーが高い」と言われたら、コンピューターやインターネットの情報や活用能力にたけているということになりますが、どちらかというと褒め言葉に使用されることは少なく、「ITリテラシーが低い」という表現の方がよく使われています。

例)
・ITリテラシー
・メディアリテラシー
・会計リテラシー
など、いろいろな分野に応用できる言葉です。

リテラシー=literacy

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

リニューアル!

サイトのデザインをリニューアルしました。さらに内容の充実をはかりたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ●サブスクリプション方式とは ソフトウェアの利用形態の一つで、ソフトウェア自体を購入して使うの…
  2. ●ベドウィン・モバイラーとは ベドゥインモバイラーとは、ノートパソコンなどのIT機器を携帯し、…
  3. Facebook広告を出稿する際、広告の種類によって推奨のサイズが微妙に違ってきます。特に厳密に同じ…

おすすめ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る