アライアンスとは

アライアンスは、直訳すると「同盟」という意味になりますが、一般的には企業同士の業務提携の意味で使われます。「当社はX社とアライアンスを組んでいる」などと使われ、ある企業が別の企業と提携して共同で事業を行っていくことを言います。

【アライアンスの事例】
・航空会社同士の提携(JALのワンワールドアライアンス)
日立ビジネスアライアンス
・株式会社コンフォートラボ(海外との提携成功例)

なお、外国企業(海外企業)との提携事例集は、こちらの資料が詳しい。平成21年と少し古いデータにはなるが、メリット・デメリット、詳細事例などが掲載されている。
http://www.kansai.meti.go.jp/3-1toukou/_FDI_torikumi/pdf/jireisyu.pdf

アライアンス=alliance

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

リニューアル!

サイトのデザインをリニューアルしました。さらに内容の充実をはかりたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ●サブスクリプション方式とは ソフトウェアの利用形態の一つで、ソフトウェア自体を購入して使うの…
  2. ●ベドウィン・モバイラーとは ベドゥインモバイラーとは、ノートパソコンなどのIT機器を携帯し、…
  3. Facebook広告を出稿する際、広告の種類によって推奨のサイズが微妙に違ってきます。特に厳密に同じ…

おすすめ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る